中野 春樹(東京学芸大監督)

今季を語る(令和4年春)

今季の抱負 コロナ禍による練習不足ではありますが、安定した戦いができるように
しっかり準備してリーグ戦に臨みます。
期待の選手 特に期待する選手は、昨年からのメンバーであり経験豊富な
主将の市原、捕手の三谷、内野の西脇です。
それぞれがしっかり役割を果たしてくれれば良い結果が出ると
信じています。

プロフィール

氏名読み なかの・はるき
生年月日 昭和28年3月23日
サイズ 170cm、70kg
経歴 北海道今金高-東京学芸大(S47〜S50)-(埼玉県職員)
幸手商業高(S51〜S53)-越谷西高監督(S54〜H9)-春日部東高監督(H10〜H24)
定年退職後、再任用として越谷北高(H25〜H26)-杉戸農業高(H27)
東京学芸大監督(H28〜)
監督年数 6年
優勝回数 0回
勝敗 3勝30敗(1部)
63勝17敗(2部)
(令和4年春まで)
最高戦績 令和1年秋、1部リーグ戦6位(1勝10敗、勝ち点0)
簡単紹介 東京学芸大では3度全日本大学野球選手権大会に出場。
教員になってから、越谷西高で平成7年の夏の甲子園に出場(1勝1敗)。
春日部東高では平成13年の夏の大会で埼玉県準優勝。
関東大会は春3回、秋1回出場、平成25年3月定年退職。
東京学芸大では就任3年目の平成30年秋、2部から1部への昇格を果たした。


東京学芸大のチーム紹介ページ

加盟校一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ