東京新大学野球連盟へのメッセージ
(春季リーグ戦・入れ替え戦中止を受けて)

卒業直後の社会人野球選手編
〜4年生と最も長く過ごした直近の先輩より〜




清水蓮氏
(ヤマハ)
(共栄大卒)
現在ヤマハ野球部でプレーさせてもらっている共栄大学卒業生の清水蓮です。

コロナウイルスの影響で、今まで当たり前にできていた野球が思い通りにできていない状況だと思います。 世界中でも野球だけではなく様々な面で生活の変化が出ていると思います。

私個人の話にはなりますが、この状況の中ででもちろん野球が満足にできる状況じゃないことが 悔しい思いはありますが、私はこの期間をとても大切だと思っています。 試合から離れて日頃できない細かいことを突き詰めること、さらに体力面の強化 この2点を重点的に見つめ直しています。 ずっと課題としていた、ストレートの質をブルペンではなくキャッチボールから常に意識すること、 身近な先輩方やスタッフにたくさんの質問をし、アドバイスをもらいどの練習よりもキャッチボールを 重点的に行っています。体力面では落ちないようにキープするのではなくさらに体を強くするために 調整がないぶん量を増やして追い込んでいます。

☆後輩へのメッセージ☆

東京新大学野球連盟のみなさん、特に四年生のみなさん、この状況でモチベーションを 維持することはとても難しいと思いますが、目標を見失わず今できることを全力で悔いのないように頑張ってほしいです。




小孫竜二氏
(鷺宮製作所)
(創価大卒)
東京新大学野球連盟所属選手へ向けて

現在、コロナウイルスの影響で春の春季リーグ戦・全日本大学野球選手権大会が中止となり、 大変辛い状況だと思います。私も今年の4月から入社し、野球部として活動していますが、 5月下旬に開催予定だった日本選手権予選・7月に開催予定だった日本選手権が中止となりました。

ですが、このような状況の中でも時間を有効に使い、自分を磨き、進化するチャンスです。 それを発揮する機会は必ず訪れます。その時まで、お互いに野球選手として、頑張っていきましょう。 秋季リーグ戦が開催されることを心から願っております。   




荻沢龍太郎氏
(伏木海陸運送)
(東京学芸大卒)
このたびは春季リーグ戦の中止、選手にとって非常に残念な結果になってしまいました。 特に2部以下の4年生が上部に昇格してプレーする目標が絶たれてしまったのが選手のことを思うと非常に悔しくてなりません。

私自身は大学生の間、1年から3年までずっと1部に昇格できない日々が続き、 仲間と「なんとかして1部でやろう」と語り合いながら練習に取り組んできました。 そのモチベーションが失われていたときのことを考えると、「なんのために野球をやっているんだろう」 「やっても意味ねえな」と考えて野球に真剣に取り組めていなかったと思います。 そして今、リーグ戦が中止になってしまい、こんな風に考えてしまう選手は少なくないだろうと思います。

今回東京新大学リーグの選手に向けてメッセージを送らせていただけることになりましたが、 この春季リーグを今までの野球の集大成と捉えていた選手や、大事な就職活動の場と捉えていた選手、 特に4年生に対して簡単に切り替えて頑張ろうとは言えません。 ただもう少し私の大学の時の話をしますと、私が3年生の時の春季リーグ戦、 1部昇格ができず4年生は1部で戦うことができなくなりました。 多くの4年生がこれを区切りに引退する予定でしたが、「このままじゃ終われない」「後輩を1部にあげてやりたい」 と言って秋季リーグまで残って戦ってくれることになりました。 結果、4年生がチームを引っ張ってくれて念願の1部昇格を果たすことができました。 この時の4年生を中心にしたチームの結束力が今でも忘れられません。 私が4年生になってそのときのようなチームをもう一度作りたいと思いましたが力不足でそうはできませんでした。 おそらく本当にチームがまとまって最後までやりきることは非常に難しいことなのだと思います。

しかし、私としては東京新大学リーグの選手にこういう年だからこそ、残された秋季リーグに向けて、 これからのチームのために、また、これまで応援してくださった方々のためにも、 なにより自分たちのために4年生を中心に自分たちにとって最高のチームを作ってみてほしいなと思います。 これは悔しい思いをしている今の選手たちだからこそ目指してほしいし、 たとえ上部でプレーできなくても、そのときの充実感、達成感を味わってほしいです。 それがこれからのチームや自分にとって大きな力になっていくと思います。

私が所属するチームも秋の都市対抗出場に向けてこれから活動していきます。 繰り返しになりますが、こういう年だからこそチーム、応援してくださる方々、 そして自分のためにお互い前向きに頑張っていきましょう。

※写真は所属先より


メッセージ・対談紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ